OEM / ODM

ODM/OEMについて

APOLLOの靴がお客様のもとに届くまでの流れをご紹介します。

お取引先さまのご希望に合わせてOEM生産、ODM生産ともに対応しております。

​国内生産が叶える確かな品質とスピーディーなご対応が可能です。

PROCESS

​ - 企画 -

01

- 裁断 -

02

PLANNING

裁断

CUTTING

企画

作りたい靴のデザインやイメージをいただき、素材を選んでサンプルを作成します。
​美しい見た目と履き心地の良さを両立した製品になるよう修正を経たのち、生産に移行します。

抜き型で革を裁断します。
​裁断方向や抜き位置にこだわり、靴になったときに履きやすくなるように工夫します。

​ - 製甲 -

03

- 底付 -

04

UPPER

BOTTOMING

製甲
底付

アッパー部分を作成します。見た目の美しさだけでなく十分な強度に達するように熟練の職人が細部まで丁寧に仕立てます。

アッパー部分を底材とあわせます。底材は大きく分けて中底と本底に分かれます。歩きやすく長持ちする靴になるように底材の品質にこだわっています。

​ - 中打 -

05

中打

HIT THE HEEL

ヒールがある靴はヒールを打つ工程に移ります。
ヒールが地面に対して正しく接する角度になるように、1足1足丁寧に取り付けます。

​ - 仕上げ -

06

FINISING

仕上げ

​形になった靴をきれいに仕上げていき、箱に入れていきます。

​ - 検品 -

07

​ - 出荷 -

08

 INSPECTION

 SHIPPING

検品
出荷

生産した靴の安全性を確かめるため、社内でX線検品を行っています。

​いよいよ出荷です。ご希望の納期までにお取引先さまのお手元に納品します。

​OEM / ODM に関するお問い合わせは、CONTACT までご連絡ください。